ナンパに失敗したら風俗

もはや趣味の領域を超えているのが風俗

風俗はもはや趣味と言う領域を簡単に超えているなと。あれは自分の本能を揺さぶるものである以上、趣味というよりももっともっと凄いものだなと。生きがいとまでは言いませんけど、自分の本能を刺激してくれるという点ではサービスという枠を超えているんじゃないのかなと思います。しかも風俗の良い所はいろんな女の子がいるので、全然飽きない所です。風俗で遊んでいると気付かされますけど、選ぶ女の子によってまったく違う時間を楽しめるじゃないですか。つまり、毎回のように違う展開が待っているんですけど、でもそれは男としての本能を満たしてくれるものであることだけは間違いないんです。その点では風俗というサービスそのものに対しての安心感や信頼もあるのかなって思いますね。こうして風俗のことを語り始めると止まらないという事実こそ、自分の中で風俗の存在がとてつもなく大きな物になっている何よりの証でもあるんじゃないのかなって気持ちはありますね。

すっぴんだったけど…

すっぴんの風俗嬢と楽しんだのは初めてかもしれませんけど、すっぴんでも通用するレベルだったからこそ、彼女はすっぴんだったんじゃないのかなって思います(笑)そもそも、彼女からすっぴんだって言われなければ気付いていなかったと思いますね。それくらい彼女のすっぴんは見事でした。まだまだ若い風俗嬢だからこそそれが出来るんだろうなって思いましたけど、すっぴんだと言われるとやっぱり多少は違うかなって気持ちも出てきましたし、さっきも言いましたけどすっぴんの女の子と楽しむことなんてめったにないシチュエーションじゃないですか。それこそ恋人とホテルに行くとしてもすっぴんを見る機会ってあんまりないと思うんですよ。だからある意味ではかなり貴重な時間を過ごすことが出来たんじゃないのかなって思いますね(笑)自分でもまさかあんなにすっぴんという事実だけであそこまで興奮するとは思っていませんでしたし、狙って出来ることでもないので貴重だったなって。